認知症・老人ボケは予防できる!

サイトマップ

認知症・老人ボケの対応と治し方は、実は生活習慣病の改善で自分で家族で治せるんです。

認知症・老人ボケは予防できる!

認知症・老人ボケは予防できるんです。なぜならば、原因が生活習慣病だからです。

まずは認知症・老人ボケの原因から、ちょっとおさらいしてみましょう。

認知症には大きく二種類ありますが、脳の神経細胞に汚染物質が付着し変質させるアルツハイマー型と、脳の細かい血管が詰まってその範囲が広がっていく脳血管性型です。

脳血管性型は、簡単に言えば脳梗塞や糖尿病による壊死と同じです。高血糖であったりコレステロールが血管を詰まらせるわけです。

ではなぜ高血糖になったりコレステロール値が高くなるのか・・

もちろんまずは食べ物です。糖分の摂り過ぎ、脂っこい物・炭水化物・動物系の肉ばかりを好む人はリスクが高まります。その証拠に、野菜をしっかり食べる人は3倍・魚をしっかり食べる人は6倍も認知症の予防になる・・というデータがあります。

また純粋な水をたくさん飲んで、血液をサラサラにしてあげれば、詰まりにくくする予防になります。運動によって血行を良くすることも同じ予防になります。

そして、アルツハイマーの原因も同じことで、汚染物質を含んだ食べ物・飲み物でリスクは高まります。水分が不足していたり運動不足で血行が悪ければ汚染物質は蓄積してしまうわけです。


それから、運動や食事だけでなく、知覚的な刺激による予防も重要です。毎日同じようなつまらない単調な生活では、脳の神経細胞は退化してしまいます。

正しいプログラムに沿って、知覚的な刺激を与え、同時に食習慣・運動習慣を整えることによって、認知症予防・ボケ防止はできるんです。

一度死んでしまった脳細胞はよみがえりませんから、手遅れになる前に、早めに真剣に予防に取り組むことが重要です。

>> 認知症・老人ボケへの対応と治し方を詳しく知りたい方はこちら