認知症・老人ボケへの対応と接し方

サイトマップ

認知症・老人ボケの対応と治し方は、実は生活習慣病の改善で自分で家族で治せるんです。

認知症・老人ボケへの対応と接し方

認知症・老人ボケへの対応と接し方で気を付けなければいけないのは、
怒ったりジャマくさく扱ってはいけないということです。

その理由は、認知症・老人ボケになった人でも感性までは鈍らないからです。記憶や知能は劣化していくのですが、逆にそれを補うかのように、実は感性が鋭くなっていくのです。

簡単に言うと、動物的な感覚が鋭くなっている状態です。敵と味方をはっきり分けるようになります。

例えば、認知症・老人ボケの人が、同じことを何度も話したりトイレを粗相した時などに、強く叱るような対応・接し方をしてしまうと、「コイツは敵だ」としか思えないのです。

いっぽう、優しい対応や接し方をされて好きになった人に対しては、とても言うことを良く聞こうとするのです。(もちろん知能レベルが下がっているので上手くできないことは多いですが)

認知症・老人ボケの人には、理屈をいくら説明しても理解する知能がないので、「いつも文句を言ってうるさいヤツ」程度にしか思えなくなるのです。

いっぽう、優しい対応・接し方をしてくれる人は、「自分の味方だ」と素直に受け止めます。

認知症・老人ボケの人の話には、「そうだね」と耳を傾けて良く聞いてあげましょう。また、火の取扱いなど危険につながるような間違ったことはゆっくり優しく説明してあげましょう。ただし、説明を細かく理解する知能は無いので、理解度はあまり期待しないことです。

記憶障害が進むと、認知症・老人ボケの人にとっては自分の周囲が知らないものばかりになるので、実はとても不安なのです。

物事の意味などはもちろん、家族の記憶さえなくなり、自分が誰で今どこに居て何をしているのかすらも分からなくなるのですから・・

しかし、それでいて感性は鋭いのです。褒められれば嬉しいし叱られると面白くないですし、プライドもしっかしているので傷つきやすいのです。

家族全員がそれをしっかり理解した対応・接し方をしてあげ、また介護の負担が一人に集中しないようみんなで役割分担をすることが大切です。

そして、実は認知症・老人ボケは治せるんです。原因は脳神経細胞の衰縮で、生活習慣病からきているのです。食生活・運動・知覚刺激で改善することができるので、ぜひ家族で取り組んでいきましょう。

>> 認知症・老人ボケへの対応と治し方を詳しく知りたい方はこちら