認知症・老人ボケの相談支援サポーター

サイトマップ

認知症・老人ボケの対応と治し方は、実は生活習慣病の改善で自分で家族で治せるんです。

認知症・老人ボケの相談支援サポーター

認知症・老人ボケの相談支援サポーターは、各地域の中学校区に一つはありますので、活用しましょう。相談そのものは無料です。

そこは「地域包括支援センター」という場所で、その地域に暮らす高齢者の日常生活をいろんな形で支援する機関です。

認知症・老人ボケになった高齢者や家族の相談を受けて、適切なサービスが受けられるように支援してくれるサポーターです。

本人も家族も不安や悩み事はたくさんあります。支援センターでは、そういった相談にも無料でアドバイスしてくれますので、ぜひ利用しましょう。

地域包括支援センターには、保健師・社会福祉士・ケマネージャーなどの専門スタッフが配置されていますので、診断での早期発見や治療対応にもあたってくれます。

また、いずれは必要になってくる成年後見制度の利用支援の相談もそこで出来ます。

病院や有料施設では、費用もかかりますし遠方で不便だったりします。また、認知症患者さん本人も地域から離れるのは不安で寂しいものです。

地域の無料支援センターをぜひ活用しましょう。

そして、さらにその前に、自分で家族で治す方法もあります。認知症・老人ボケの主原因は生活習慣病だからです。食習慣・運動習慣・知覚的刺激を受ける環境によって、脳の健康状態はまったく違ってきます。

原因が生活習慣病なんだから、自分で家族で治したり予防することは出来るわけです。

>> 認知症・老人ボケへの対応と治し方を詳しく知りたい方はこちら