認知症・老人ボケの種類とは

サイトマップ

認知症・老人ボケの対応と治し方は、実は生活習慣病の改善で自分で家族で治せるんです。

認知症・老人ボケの種類とは

認知症・老人ボケには種類があります。いずれにしても、脳が徐々に死んでいく病気なのですが、@脳細胞が変質していくアルツハイマー型とA血管に障害が起こる脳血管障害型です。

そして、その中でもまた種類がいくつかあります。

@−1、アルツハイマー型認知症
脳細胞が汚染物質などによって変質し徐々に死んでいくものです。脳全体が徐々に萎縮して縮んでいくのです。徘徊する場合は、まっすぐ歩き続けるので行方不明になり、遠方で発見されるケースがあります。

@−2、レビー小体病型認知症
脳内に「レビー小体」という特殊な沈着物が広範囲に発生する病気です。パーキンソン病でもレビー小体が発生しますが、パーキンソン病のような部分的なものではなく、脳全体に発生します。

@−3、前頭側頭型認知症
前頭葉と側頭葉が集中的に侵されるもので、ピック病とも言われます。大脳前頭葉が集中的にダメージを受けるので、記憶障害よりも性格が変わることで家族が気付きます。例えば、お店の前に並んだ食べ物を勝手に食べてしまうなど、衝動的な行為が目につきます。徘徊はアルツハイマー型と違って、同じ地域をグルグル回るパターンが多いです。

@−4、皮質基底核変性症型認知症
前頭葉から頭頂葉にかけて、左右非対称に脳の萎縮が進んでいきます。手の指が上手く使えなくなるので、服のボタンがはめられなかったり、ハサミの使い方が分からなくなったりします。あるいは手の震え、運動能力の低下が特徴的です。

@−5、進行性核上麻痺型認知症
認知症の症状と同時に運動障害が多いのが特徴です。後ろに転倒しやすいなど、特徴的で他の型と区別しやすいです。


A脳血管性型認知症
簡単に言うと、脳の血管が詰まる「脳梗塞(のうこうそく)」と同じです。

脳血管性型認知症のイメージ画像

一般的な脳梗塞の場合は、CTやMRIで詰まった箇所が認識できるような、わりと太い血管が詰まり、急に倒れたりそのまま死亡してしまうものですが、認知症の原因になる脳梗塞は、非常に細かい血管が詰まるもので、その細かい詰まりが徐々に範囲を広げていくものです。

徐々に脳細胞が死んでいくため、初期では自覚症状もなく周囲も気付かないうちに徐々に進行していくものです。

脳血管性型認知症も、いくつかの種類がありますが、部分的に脳に障害を起こすタイプから、脳が全体的に障害を受けるタイプ、虚血性のビンスワンガー型認知症などの種類に分けることができます。


以上が、認知症・老人ボケの種類になりますが、その根本原因が実は「生活習慣病」だった・・ということはご存じですか?

遺伝でも運が悪いわけでもないんです。例えば家系的に認知症患者が多かったとしましょう。でも「遺伝で自分もそうなる」と思うのは間違いです。

ガンだって薄毛だって同じなんです。食事・思考パターン・運動・睡眠・お酒・タバコなど、生活習慣が家族と同じだからなりやすい・・というだけの話なんです。

脳細胞の劣化・変質、脳梗塞は生活習慣病そのままなんです。よく「水を一日2リットル飲みなさい」とか「脂分や炭水化物をひかえて食物繊維をとりなさい」、「歩くなどの有酸素運動をしなさい」なんて言われますよね。

結局は、あなたや家族の身体を作っているのは食習慣や生活習慣なんですから・・

ただし、認知症の場合は同時に「知覚的刺激」なども関わっています。生活習慣を改善する、知覚的刺激を受ける・・これらは自分や家族で出来ることです。

つまり、認知症・老人ボケは自分達で簡単に治せる・・ということなんです。

>> 認知症・老人ボケへの対応と治し方を詳しく知りたい方はこちら