• ある外国の研究ですが、55歳以上の人を平均6年間にわたって、認知症の経過を追っている調査があります。

    食事から摂ったビタミンEの摂取量と、アルツハイマー型認知症の発症の関係を調べたものです。

    それによると、野菜や果物によるビタミンEの摂取量が一日に10.5ミリグラム以下の人の発症率を1.0とすると、15.5ミリグラム以上の人では0.57で、43%も減少しています。

    そして、魚が好きでよく食べる人、あまり食べない人についても調べています。55歳以上の人で、魚を一日に3.3グラム以下の人の発症率を1.0とすると、18.5グラム以上食べる人はわずか0.3でした。しかもこれは、わずか二年後にこれだけの違いになったのですから驚きです。

    魚を18.5グラム・・という量にはピンとこないかもしれませんが、小さなイワシの半分ほど、刺身ならば一切れ二切れ程度にすぎません。

    55歳になってから、野菜や果物を食事に多く摂り入れるようになっただけでも6年でアルツハイマー型認知症の発症率は半減に近くなるわけです。

    魚を多く食べ始めたら、わずか二年で三分の一以下になる・・ということを、このデータは証明しているのです。

    >> 認知症・老人ボケへの対応と治し方を詳しく知りたい方はこちら
  • 認知症の治療方法には薬物療法と知的刺激を与えるための行動に関わる治療法があります。そして、もちろん大前提は食生活の見直しです。

    認知症の薬物療法では、現時点では疾患の進行を停止させるような決定的な薬物は、残念ながらまだ開発されていません。認知症の薬物療法には記憶障害や認知障害といった中核症状を治療するものと、幻覚や異常行動など周辺症状を治療するものとがあります。

    いずれにしても、表面的な症状をおさえるもので、根本から認知症を治しているわけではありません。

    中核症状を治療する薬剤としては、アルツハイマー型認知症に対してアリセプトといった薬がありますが、本質的に進行を止める薬物ではないのです。

    現在世界中で研究されていますので、いずれアルツハイマー型認知症の本質的治療法が確立される可能性は高いですよね。それまでは対処療法により症状を抑える治療をすることになります。

    ただその一方、脳血管性型の認知症では抗血小板薬や脳血流改善剤などが有効になります。

    その薬による治療法で、かなり認知症の進行を抑えられる場合があります。血管性認知症に対する薬剤は、より根本的治療に近くて、それによりかなり長い期間良い状態を維持することができます。

    また、周辺症状の治療には向精神薬が主として用いられます。

    これも本質的な治療ではないのですが、実際にはそれによりかなり介護がしやすくなりますし、認知症患者さん本人も楽になります。

    たとえば、夜間に認知症患者に騒がれ、介護者が睡眠不足などにより体力的に破綻してしまうことを防ぐことができますし、徘徊などによる本人の事故を防ぐことが可能です。

    そして最後は、根本的な体質改善です。とくに、脳血管性型認知症は脳梗塞と同じなわけですので、食生活と運動を中心に血管を健康に保つ努力をするべきです。

    また、知覚的な刺激を絶えず与えてやるように、家族が協力してあげないといけないのです。

    認知症は、初期に発見できれば十分対応や治療が可能なんです。

    >> 認知症・老人ボケへの対応と治し方を詳しく知りたい方はこちら