• 認知症とボケの違いとは?

    気になるところですが、認知症と比べていわゆる一般的な老人ボケとはどう違うのでしょうか?

    簡単に言えば「ボケ」とは広い意味があるもので、本来の認知症と生理的老化の両方の意味を含みます。人によっては「ボケ」=認知症と考えているので、その点はややこしいですが、専門家は診断名として「ボケ」を使うことは少ないです。

    つまり「ボケ」というのは認知症の俗語といった意味合いがあります。

    正常な脳であったとしても、その神経細胞は20歳頃をピークに年齢とともにその数が減少していくのが普通ですので、厳密にいえば20歳すぎれば老化のために脳はボケていくはずなんです。

    でも実際には日常生活や社会生活を営む上で問題はまったくないわけで、総合的知能は衰えることなく、むしろ知能や判断力は向上するとも言えます。

    ただし、記憶力とか推理力といった脳の能力のなかの基本的機能は20歳代の後半から明らかに低下していきます。

    たとえば、神経衰弱というトランプを用いた記憶力をベースにしたゲームがありますが、小学生と40歳代の人と対戦すると、大抵小学生が勝つというデータがあります。

    つまり、単なる記憶力だけで競争すると、若い人の方が優れているのです。しかし、総合的知能では40歳代の人の方が優れていることは誰でも理解できますよね。そこには経験や知恵などが加味されているからです。

    この生理的老化による神経細胞数減少の速度はかまり遅いものですので、それによる能力の低下は生じないと考えられています。

    しかし、認知症患者の脳細胞はすさまじい勢いで死滅し、減退していきます。記憶・分析力・判断力が全て一気に失われてしまうのです。

    >> 認知症・老人ボケへの対応と治し方を詳しく知りたい方はこちら