認知症・老人ボケの治し方!

サイトマップ

認知症・老人ボケの対応と治し方は、実は生活習慣病の改善で自分で家族で治せるんです。

認知症・老人ボケの治し方!

家族の認知症・老人ボケの対応と治し方で、あなたは地獄のようなご苦労をされていることでしょう・・

あるいは、「今は症状が軽くても将来が心配・・」という方も多いでしょう。

でも安心してください。認知症・老人ボケの対応と治し方はちゃんとありますので、正しく続ければ治るんです。

認知症・老人ボケの原因は、「遺伝だからしょうがない」「生まれつきの体質だから・・運が悪い・・」と思っているあなた・・それは間違いです。「精神異常だから施設に入れて対応しよう・・」これも間違いなんです。

実は認知症・老人ボケというのは、生活習慣病なんです。認知症(痴呆症)は、大別して「アルツハイマー型」「脳血管性型」がありますが、どちらも生活習慣病なのです。

アルツハイマー型は脳細胞に汚染物質がたまり劣化することによる脳の縮小、脳血管性型は細かい血管が詰まる脳梗塞が増えて広がっていく・・というものが原因です。

つまり、これらというのは、いわゆる脳卒中であったり心筋梗塞であったり癌(ガン)の原因と同じなんです。だから、認知症・老人ボケの対応と治し方は、基本は生活習慣病の治し方と同じで良いんです。

アルツハイマー病の発症率は、野菜嫌いの人は3倍に!魚嫌いの人は5倍になる!ということが、科学的に証明されています。脳細胞を劣化させない、血液をキレイにサラサラに保つ・・そういう根本的な対応と治し方が必要なんです。

だから、水をしっかり飲む・散歩などの有酸素運動をしっかり行う・・こういうことも全て関わってきます。

そういう根本体質を見直さないで、薬で症状だけを抑えようとしても意味がないのです。そして、西洋医学の薬というのは100%副作用があります。

その副作用を抑えるためにまた別の薬を処方される・・そしてまたその薬の副作用を抑えるために・・。結果、大量の薬を毎日飲むことになり、自律神経や免疫のバランスが崩れいろんな臓器が炎症を起こす→機能不全・癌(がん)になる。

こんな悪循環が待っているのです。
そして、通院や薬にはお金がかかるわけです・・・

でも、今あなたは根本原因を知ったわけですから、もうそんな対応や治し方はする必要はないのです。

とは言っても、生活習慣の改善法はたくさんありますし、認知症患者さん向けの生活改善法があります。また、老人ボケでは脳を劣化させないために「知覚的な刺激」も大変有効で、認知症の治し方には必要になってきます。

プロが解説した具体的な対応法・治し方を体系的に学ばれて、家族との穏やかな生活と幸せを取り戻してください(^-^)

>> 認知症・老人ボケへの対応と治し方を詳しく知りたい方はこちら

認知症・老人ボケが治った後のイメージ画像